私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Spring Manifestations / Borboletta

1974年リリースのアルバム「Borboletta」の導入部とエンディングに置かれているのが、ブラジルのミュージシャン Airto MoreiraFlora Purim による Spring ManifestationsBorboletta である。どちらも、曲というよりはあたかもジャングルの中で聞こえてくるかのような様々な音のシャワーが効果音的に繰り広げられており、加えてラストの Borboletta では、原住民の儀式的な何かを想像させるプリミティブな歌声や音楽も加わり、何とも不思議かつ魅力的な世界を作り上げている。

ちなみに、“Borboleta” はポルトガル語で「蝶」を意味するらしいが、ここで“Borboletta”と“t” を加えた表記になっている理由は何かあるのだろうか?いずれにしても、青く輝くジャケットの蝶と、アルバムの冒頭と最後に置かれたこの2曲により、アルバムのトータルコンセプトを打ち出そうとしていたことは十分感じられる。



スポンサーサイト
  1. 2015/05/06(水) 21:39:14|
  2. Borboletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I'll Be Waiting

I'll Be Waiting は「Moonflower」 にスタジオ版が収録されており、Greg Walker の爽やかなボーカルが印象的だったが、ややメリハリ不足で物足りなさも感じていた。一方、こちらのライブ版は当時の他のライブ曲と同様にテンポも速めで、 Carlos のギターと Greg のボーカルは力強くキレもあり、ぐっと魅力溢れる1曲となっている。また、このライブアルバム全体を通じて言えるのだが、Tom Coster のキーボード(この曲ではエレピ)がまた素晴らしく、この頃のSANTANAならではの心地よいサウンドを作りあげている。



  1. 2015/04/12(日) 21:24:40|
  2. Toda La Genta Baila
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zulu

Zulu は「Moonflower」 のスタジオ盤も悪くないが、アルバムリリース直後に行われたというこのライブではさらにこの曲のワイルドな魅力が発揮されているのではないだろうか。Carlos のギターや Tom Coster のピアノ&シンセはもちろんだが、個人的に大いに気に入っているのが David Margen のベースプレーで、スラップとフィンガープレーを切り替えながら、ぐいぐいと曲を引っ張っていっているのが実に印象的だ。終盤には、ライブならではのパーカッションだけのパートもあるが、これがまたなんとも素晴らしいかぎり。

ちなみに、タイトルの“Zulu”はズールー民族のことだと思われるが、この曲はズールーの人々の踊りや過去の戦いなどをイメージしたものかもしれない。





  1. 2015/02/22(日) 21:03:01|
  2. Toda La Genta Baila
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Margarita

MargaritaRomeo Santos の独特の声(しばらく私は女性だと思っていた)によるボーカルがとにかく素晴らしく、これまたキャッチーなメロディーと相まって、実に魅力的な1曲となっている。 この曲では、Romeo のボーカルの存在感に圧倒されてか、Carlos のギターがもうひとつ目立たない印象もあるが、やはり Carlos ならではの心地よいギターフレーズを曲のいたるところで聞くことができ、ボーカルとの上質のブレンドを醸し出している。



ちなみに、Romeo Santos Carlos が参加したこんな曲もあるようだが、これまた素晴らしい。(Caros のギターは Black Magic Woman 風?)



テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

  1. 2014/10/26(日) 21:43:51|
  2. Corazon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Feel It Coming Back (Amor Correspondido)

Feel It Coming Back は、アルゼンチンのボーカリスト Diego Torres とのコラボによる実に爽やかなポップナンバー。この曲はSANTANAバンドのナンバーとして聴くとやはり違和感はあるものの、メロディー, Diego のボーカル, Carlos のギターフレーズのいずれも素晴らしく、おもわず口ずさんでしまうシンプルかつ上質の1曲となっている。

ちなみに、アルバムでは英語で歌われているこの曲だが、こちらのスペイン語バージョンの方が個人的にはお奨めだ。





  1. 2014/08/31(日) 23:31:09|
  2. Corazon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する