私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Free All The People (South Africa)

Free All The People は、Live Is For LivingSoweto と同様、南アフリカのアパルトヘイトに対する抗議メッセージがこめられた1992年の曲。政治犯として長期間投獄されていたマンデラ氏が1990年にやっと釈放されたものの、長年の差別が簡単に解消されるはずもなく、この曲ではタイトルの通り、アパルトヘイト撤廃による全ての人の自由を強く訴えている。
とはいえ、曲調はレゲエ調の比較的ゆるいもので、「Milagro」の緻密な曲群の中ではちょっと異質な、肩の力を抜いた1曲という感じだ。Tony LindsayAlex Ligertwood の実力派デュオによる軽快なボーカルも聞き物の一つ。



なお、この頃のマンデラ氏と南アフリカの状況は、映画「インビクタス」の原作本でも比較的詳しく紹介されており非常に興味深い。



スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

  1. 2010/03/20(土) 23:08:01|
  2. Milagro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Life Is For Living

軽快なパーカッションに導かれて始まる Life Is For Living は、Chester Thompson のかわいい音色のキーボードが印象的なポップな曲だが、Tony Lindsay の迫力あるボーカルと妙にマッチして独特の魅力的なサウンドに仕上がっている。歌詞は、この頃のアルバムでたびたび取り上げている南アフリカの反アパルトヘイトを訴えたもののようで、後半は“Mandela” という単語を含むコーラスが繰り返されるが、このコーラスと Carlos のギターやパーカッションの絡みがまた最高にいい。


  1. 2009/09/20(日) 12:39:06|
  2. Milagro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Saja/Right On

Saja は1分程の小曲だが、この曲のみ参加した Jorge Santana のアコースティックギターによるしっとりとしたソロを味わえる。私は Jorge  のプレイは「Sacred Fire」などで僅かに知るだけだが、このような渋い曲ではなかなか聴かせるようだ。

Saja からのメドレーで続く Right On では雰囲気が一転し、シャープなリズムにのって 歌う Larry Graham のボーカルがなんとも粋で、都会的でお洒落な雰囲気が溢れている。Larry Graham といえば、チョッパーベースの先駆者としても有名だが、ここではボーカルの参加のみで素晴しい歌声を聴くことができる。この曲での Carlos の ジャズテイスト溢れるギタープレイがまた素晴しいし、さらに、ボーカルとギターのユニゾンなどは鳥肌ものの凄さだ。

Saja / Right On は2曲合計で9分近いのだが、全く長さを感じさせない素晴しい構成と名演である。

  1. 2007/02/09(金) 23:21:34|
  2. Milagro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Agua Que Va Caer

Agua Que Va Caer は、アフリカ民族音楽と南米風のサウンドが見事に融合し、ボーダーレスの不思議な世界を作り上げている。この曲の基調となっている打楽器群がとにかく素晴しいし、民族風味たっぷりのボーカル&コーラスと途中から入ってくるアコースティックピアノのリフには本当にしびれさせられる。さらに、この曲でアクセントとなっているブラスのフレーズは、「Shaman」のFoo Foo を思わせるものだが、これがまたいいし、出番は少ないが Carlos の繊細なギターフレーズも聞きもの。

  1. 2007/02/02(金) 22:38:29|
  2. Milagro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gypsy/Grajonca

Gypsy/Grajonca は、Grajonca の前後を Gypsy ではさんだメドレー構成となっている。

Gypsy は、いきなり始まる CarlosChester Thompson の優しさ溢れるフレーズにぐっと引き込まれる。初めて聴いた時は、まるでムードミュージックかとも思ったが、この息の合った二人の奏でる繊細で緻密なサウンドは本当に素晴いし、最高に癒される曲でもある。

Granjoca は、一転 Benny Rietveld のチョッパーベース&ドラム・パーカス群にのって Carlos が弾きまくるかなりハードなナンバー。この曲のリズムセクションの歯切れの素晴しさは特筆もの。

  1. 2007/01/28(日) 10:23:17|
  2. Milagro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する