私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Bacalao Con Pan

ワウのたっぷり効いた Carlos のギターで始まる Bacalao Con Pan は、オリジナル「Supernatural」の冒頭を飾る Yaleo を彷彿するラテン味たっぷりの賑やかで楽しい曲。いかにも「Supernatural」以降の SANTANA という感じで、パーカッションとブラスとコーラス、そして Karl perazzo のスペイン語の独特のボーカルが絶妙に絡み、民族音楽的な泥臭さと都会的センスが交じり合った実に味わい深い仕上がりとなっている。後半さりげなく登場する Carlos の短いギターソロがまたいい。



スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2010/07/03(土) 22:03:43|
  2. Supernatural(Legacy Edition)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

One Fine Morning

One Fine Morning は、いかにも「Supernatural」以降の SANTANA という感じのポップな曲だが、とにかく Carlos のギターと Tony Lindsay のボーカルが最高にいい。イントロのギターは短いフレーズながら、Carlos ならではの実に魅力的なものだし、ボーカルに絡んでくるギターや中間のソロも素晴しいかぎり。ボーカルは、クレジットを見るまで Tony Lindsay ということに気付かなかったくらい、いつもの彼とやや違うマイルドな雰囲気なのだが、これまた魅力的で惹きこまれてしまう。

ちなみに「Supernatural Legacy Edition」のボーナスCDには Tony Lindsay リードボーカルの未発表曲が多数あるが、いずれも魅力たっぷりで聴き応えがある。Tony Lindsay のボーカルは迫力があるけど、ちょっとワンパターンで単調気味か、、という偏見?を改めさせられたアルバムでもある。




テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/05(土) 07:47:35|
  2. Supernatural(Legacy Edition)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Corazon Espinado

「Supernatural」収録の Corazon EspinadoMANA をフィーチャーしたラテン色の強いナンバーだが、Calos お気に入りなのか、最近の SANTANA のライブでも定番曲となっているようだ。哀愁溢れるメロディーにボーカル、これに絡むピアノやパーカション等々、いずれも味わい深いのだが、いまひとつ新鮮味というか切れ味に欠けるのが残念だった。

Legacy Edition ボーナスディスクの“Spanish Dance Remix”の方は、いかにもダンスミュージックという感じで、無機的ともいえるベースとドラムが加わっているが、これがオリジナルのラテン色と微妙にブレンドされ、実に心地よいサウンドに仕上がっている。ということで、個人的にはこちらの Remix バージョンの方がお奨めだ。





テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2010/05/04(火) 14:27:42|
  2. Supernatural(Legacy Edition)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ya Yo Me Cure

Ya Yo Me Cure は「Supernatural Legacy Edition」のボーナスディスクに未発表曲として収録されている。
サウンド的にはいかにも Supernatural 以降のSANTANAという感じだが、都会的で洗練されたラテンリズムにのって繰り広げられる、Carlos のギター や Tony Lindsay のボーカル、さらにスペイン語のコーラスが絡み合って実に心地よい曲に仕上がっている。こんなご機嫌な曲が未発表だったとは、なんとももったいない話だが、是非ライブでも聴いてみたい曲だ。


テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2010/04/11(日) 20:53:54|
  2. Supernatural(Legacy Edition)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Africa Bamba

ゲストボーカリストとのコラボ曲が目立つ「Supernatural」だが、Africa Bamba Carlos がリードボーカルをとる、哀愁&ラテン味たっぷりの魅力溢れるナンバー。イントロや中間で聴くことのできる Carlos のアコースティックギターがまた素晴しく、この曲の重要なアクセントとなっている。(ちなみに、DVD「Supernatural Live」では、アコースティックギターはスタンドに固定して弾き分けていた)
Carlos のおなじみギターソロで盛り上がった後、「アエーアエーアエ」の掛け声とパーカッションのブレイクが入り、Karl Perazzo のボーカルとブラス・ピアノ・パーカションなどが一体となったダンスフレーズ(Bamba?)が繰り広げられる。これがまたいいのだが、スタジオ盤では早々にフェードアウトしてしまうのがちょっと残念だ。

 
  1. 2007/11/24(土) 12:40:40|
  2. Supernatural(Legacy Edition)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する