私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mandela

1995年のラグビーワールドカップが開催された南アフリカを舞台とした映画「インビクタス~負けざる者たち」で、あらためて注目を浴びているのが、アパルトヘイトを打破し黒人として南アフリカ初の大統領となったネルソン・マンデラ氏。ご存知の通り、マンデラ氏はアパルトヘイト時代に国家反逆罪で終身刑となり、なんと30年近くも服役させられたのだが、「Freedom」収録の Mandela は、この刑務所時代にリリースされたもので、歌詞こそないものの、マンデラ氏釈放とアパルトヘイト撤廃への強いメッセージが込められたものと思われる。

この曲は Armand Peraza 作のジャズテイストの濃いインスト曲であり、Buddy Miles のボーカルを中心としたソウル色の強い「Freedom」の中で異色かつ独特の魅力を持つ1曲となっている。ややインド風のイントロの後に、3拍子系の力強いリズムに乗ってフルート風の印象的なソロが繰り広げられるのだが、これはギターシンセによるものらしい。



なお、この頃の SANTANA は、他にもマンデラ氏支持や反アパルトヘイトのメッセージを込めた曲をアルバムに収録しており、あらためて聴いてみると感慨深いものがある。
「Spirits Dancing In The Flesh」 Soweto
「Milagro」 Life Is For Living , Free All The People

ちなみに、以下の本は子供向けではあるものの、知っているようで意外と知らないマンデラ氏の略歴を把握できる1冊。



スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2010/02/20(土) 13:16:54|
  2. Freedom
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Once It's Gotcha

Once It's Gotcha は、Alphonso Johnson のベースビートとパーカッション群にのって、Buddy Miles が独特の魅力的なボーカルを聴かせてくれる、ちょっとハードなナンバー。Carlos のギターもいつも以上に冴えわたり、中間部のソロはもちろん、後半のボーカルとのからみはまさに官能的で必聴ものだ。

なお、このアルバム「Freedom」でリードボーカルをとったBuddy Miles は、残念ながら先日亡くなったとのこと。ご冥福をお祈りしたい。

テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/09(日) 19:54:31|
  2. Freedom
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Love Is You

Love Is You は、Carlos Santana Chester Thompson 作の優しさ溢れるインストナンバーだが、演奏も Carlos のまろやかなギターが奏でるメロディーと Chester 得意のキラキラしたキーボード伴奏が中心となっている。この曲はちょっと聴くとムードミュージックのようで、うっかりするとBGMとして聴き流してしまいそうでもあるが、やはりこの二人の息の合った深みのあるプレイにはぐっと引き込まれてしまう。いらいらしたり疲れている時にもお勧めできる、心温まる癒しの曲である。

  1. 2007/02/25(日) 09:32:25|
  2. Freedom
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Before We Go

「Freedom」は全体を通してソウルミュージック色の強いアルバムだが、Before We Go はややカントリーミュージックの味わいもある、このアルバムではやや異色の曲。
Buddy Miles の切々と歌うボーカルとバックのキーボードがとても優しい雰囲気をかもしだしているし、Carlos のギターのなんとも温かい音色とフレーズにこれまたしびれてしまう。派手さはないが、ずっと聴いていたくなる隠れた?名曲である。

 
  1. 2006/05/28(日) 20:16:51|
  2. Freedom
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Songs of Freedom

Songs of Freedom は Buddy Miles のボーカルと歯切れのよいリズムが魅力の、タイトル通りアルバム「Freedom」の象徴ともいえる曲。Buddy Miles のカラーが強いせいか、かなりソウルミュージック色の濃い曲ではあるが、違和感もなくSANTANAサウンドとして見事に仕上がっている。それにしても、他の曲も含め Buddy Miles の独特のボーカルは本当に魅力的で、「Freedom」のみの参加となったのは残念な限りだ、、

 
  1. 2006/05/04(木) 08:15:47|
  2. Freedom
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する