私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Golden Hours

Golden Hours は、Herbie HancockWayne Shorter と競演した1980年のソロアルバム「The Swing of Delight」収録の曲。この曲はいわゆるジャズ・フュージョン的な割とライトな感じではあるが、なかなか聴きがごたえもありお気に入りの1曲だ。
SANTANAバンドから参加している David margen(Bass) , Graham Lear(Drums) ,Armand Peraza(Percussion) の強力リズムセクションと、Russel Tubbs のフルートや Herbie のピアノソロの組み合わせが絶妙だし、なんといってもリズムチェンジ後の Herbie Carlos の かなりハードなバトルが凄い。

できれば、Herbie & Wayne を引き連れた去年の来日公演でもこの曲を演ってくれるとよかったのだけれど、、、

 
スポンサーサイト
  1. 2006/05/28(日) 10:11:44|
  2. The Swing of Delight
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する