私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

American Gypsy

アコースティックピアノのリフとパーカッション群に導かれて登場する Carlos のハードなギターソロ!American Gypsy は、これぞサンタナワールドという感じの最高にノリのいい曲だ。
Armando Peraza
のボンゴプレイを中心にパーカス隊の切れ味鋭いリズムの素晴しさはいうまでもないが、この曲でもう一つ特筆すべきは Richard Baker のオルガンプレイ。Jon Lord(Deep Purple)を思わせる英国ロック風サウンドが、サルサ調のこの曲と妙に合って独特の味をかもしだしている。
ただ、これは「Zebop」のアルバム全体にいえるのだが、曲が短めにまとまっていて割とあっさり終わってしまうのが、やや残念。この曲はライブでじっくりアドリブ展開を聴いてみたかったところだ。(当時のステージではやっていたのだろうか、、)

 
スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

  1. 2007/03/06(火) 16:27:53|
  2. Zebop!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Sensitive Kind

The Sensitive Kind J.J.Cale 作の曲だが、あの Black Magic Woman を思わせるリズムとメロディーに思わずニヤリとさせれられる。(確か、当時の邦題もセンシティブカインドウーマンとついていたような気がするが定かではない)
ノリのいいリズムにのって Alex Ligertwood が唄い、間奏でギターソロが入るという、いたってシンプルな構成なのだが、とにかく私の好きな Alex のボーカルと Carlos のギターの魅力を十分味わえるご機嫌な曲だ。Armand Peraza のボンゴを始めとしたリズム隊がまたいい。

 
  1. 2007/03/03(土) 12:55:59|
  2. Zebop!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Primera Invasion ~ Searchin'

Primera Invasion は、これぞSANTANA!とでもいうべき、Carlos のギターとパーカッション群がうなりをあげて疾走する、かなりハードなナンバー。ということで、この時期のポップなノリに今ひとつついていけない私も超納得の1曲。できれば後半のパーカッションのバトルをもっと展開してほしかったところだが、わずか2分程で終了してしまい、Searchin' へのメドレーとなる。

Searchin'  の前半はいかにもこの時期のSANTANAという感じではあるが、サビでの Alex Ligertwood 独特のハイトーンのボーカルには圧倒させられる。また、後半ではガラリと雰囲気が変わり、妖しいムードのパーカッションを従えて Carlos が官能的なソロを展開している。こちらも残念なのは、早々にフェードアウトしてしまうところ。

ということで、このメドレー2曲はかなりいいところまで行きながら、個人的には欲求不満も残る構成なのがやや残念。

 
  1. 2006/10/29(日) 14:59:07|
  2. Zebop!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I Love You Much Too Much

I Love You Much Too Much の邦題「哀愁の旅路」と歌謡調たっぷりのメロディーは、当然ながら Europa(哀愁のヨーロッパ)を思い起こさずにはいられず、SANTANAファンの中でも評価は分かれるところかもしれないが、個人的には結構お気に入りの曲である。
やはりというか、前半部の Carlos のしっとりとしたギターは最高の一言だし、バラードからラテンリズムに移行していく部分には、これぞ SANTANA の極意という感じで背筋がぞくぞくさせられる。唯一残念なのが、サビ部分がやや単調というか今ひとつ盛り上がりに欠けるところで、やや尻すぼみ気味なところが惜しい。

 

テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2006/10/21(土) 16:11:20|
  2. Zebop!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Brightest Star

Brightest Star は、個人的には初期の Led Zeppelin を思い起こさせるブルーステイスト溢れる渋い曲だ。特に、この曲の作者でもある Carlos SantanaAlex Ligertood  のギターとボーカルは凄みすら感じさせるもので、本当にぞくぞくさせられる。
Carlos
のブルースギターは SANTANAバンドでも時々披露されるのでお馴染みともいえるが、Alex のこのようなボーカルはちょっと意外で、こういうボーカルもできるのなら他にもどんどん披露してもらいたかったところ。(といっても20年以上前のことで、今更ではあるが、、、)

 
  1. 2006/10/10(火) 23:42:41|
  2. Zebop!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する