私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

I Believe It's Time

I Believe It's Time は、Let It Shine(「Amigos」収録)を彷彿するファンキーかつドラマチックなイントロからぐっと惹き付けられる。長めのイントロの後に始まるボーカルは Tony Lindsay と思われるが、このボーカルがまた SANTANA バンドの時以上に味があり実にいい。その後に出てくる Carlos のギターも当然ながら素晴しく、ソロ名義の曲にしては出番は少なめだが、実に魅力的な音を聴かせてくれる。

それにしても「Food for Thought」を聴いてあらためて思うのだが、SANTANAバンドがコラボ路線でいくのもセールス面でやむをえないとしても、せめてCarlos Santana 名義では、このアルバムのように (Carlos) Santana らしさを出した曲を今後もじっくり聴かせてほしいものだ。




スポンサーサイト
  1. 2009/11/27(金) 21:46:21|
  2. Food for Thought
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Let's Walk And Talk

Let's Walk And TalkCarlos のギターがとにかく素晴しく、これぞ Carlos Santana !というギターの音色とフレーズをたっぷり聞かせてくれる。さらに、Andy Vargas Tony Lindsey (クレジットがないためいずれも推測)のデュオボーカルも、SANTANAバンドでもちょっと聴いたことがないくらい実にマッチしていて、Carlos のギターと絡みつつ極上の仕上がりとなっている。

ちなみに、アルバム「Food for Thought」は Milagro財団のチャリティー用に限定販売されたものとのこと。全10曲中4曲が Carlos Santana 名義となっているが、この4曲はいずれも素晴しい内容(個人的には最近のSANTANAバンドアルバムよりお気に入り)で、もっと広く販売して大勢の人に聞いてほしいものだ。


  1. 2009/10/25(日) 16:52:33|
  2. Food for Thought
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する