私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Macumba in Budapest

Macumba in Budapest は、国内版CDのタイトルを見ると“ブダペストの黒魔術”となっているが、タイトルと同様に曲調もかなりユニークだ。前半は、かなりレトロな映画音楽または歌謡曲のようなロマンチックなメロディーがラテンリズムののって流れていくのだが、途中からリズムが一転し、ラテンピアノとパーカッションの情熱的なダンスナンバーが展開されていくかと思うと、また元のメロディーに戻ってあっさりフェードアウトしてしまう。という非常に面白く気になる曲ではあるが、メロディー部分にしてもラテンフレーズ部分にしても、もう少し展開してほしかったところで、いまひとつ欲求不満が残ってしまうのが残念だ。

《参考》
 ・Macumba
 ・Budapest(ブダペスト)



スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

  1. 2012/07/22(日) 21:20:39|
  2. Shape Shifter
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Canela

CanelaCarlos と 彼の息子の Salvador Santana の作品で、Europa を思わせるしっとりとしたバラード曲。いわば毎度おなじみ哀愁のSANTANA節といった、どこかで聴いたようなフレーズではあるが、でもやはりこれがなかなかいいのである。メロディーといい、ギターの音色といい、Salvador (多分)のピアノを交えた静から動への展開といい、、、やっぱり (Carlos) SANTANA は最高!と唸らせられる1曲だ。

ちなみに、canela とはスペイン語でシナモンのことだが、SANTANAの過去のアルバムには、Flor de Canela(シナモンの花)という短いながら実に魅力的な曲もあったのはご存じだろうか?





テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2012/06/03(日) 22:33:15|
  2. Shape Shifter
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

In The Light of a New Day

In The Light of a New Day は、ニューアルバム「Shape Shifter」を初めて聴いた時にダントツで印象に残った曲で、Carlos のギターの一つ一つの音が心にしみいり、なんとも感動的な世界に引き込まれてしまう。数十年の活動の間で (Carlos) SANTANA のバラード曲は数多くあり、いずれも聴き応え十分なのだが、その中でもこの曲は代表的な1曲になるのではないか。とはいえ、この曲の素晴らしさを文章で伝えることは私にはとてもできないので、とにかく聴いていただくしかないが、SANTANA ファンはもちろん、世界中の多くの人々が感動に浸れることを期待したい。

ちなみに、この曲は Narada Michael WaldenCarlos との共作となっているが、そのいきさつや演奏への参加などは不明なので、もし分かる方がいれば情報をいただけると幸いだ。






テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2012/05/20(日) 20:27:15|
  2. Shape Shifter
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する