私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Novus

「Shaman」の最後の曲である NOVUS は、なんと3大テノールの一人 Placido Domingo がボーカル参加した異色中の異色の曲。最初に聴いた時は、一体何が始まったのかとびっくりしたが、Placido Domingo の艶やかな歌声やストリングスと 官能的なCarlos のギターやパーカッション群が素晴らしくマッチして、独特かつ背筋がぞくぞくするような魅力をかもしだしている傑作曲だ。
唯一残念なのは、後半フェードアウトしてあっさり終わってしまう点。できればもう少し展開をしてもらえると、SANTANA 史上のベスト曲のひとつになったかもしれないと、個人的には思うのである。

ちなみに、NOVUS とはラテン語で「新しい」という意味のようだが、歌詞とのつながりもよく理解できないし、なぜあえてラテン語のこのタイトルをつけたのかは謎だ。

スポンサーサイト
  1. 2006/08/11(金) 22:55:48|
  2. Shaman
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Aqua Marine

Aqua Marine は独特のサウンドで「Marathon」のアルバムはもちろん SANTANA としても異色の1曲。この曲の透明感溢れる幻想的な世界には思わず引き込まれてしまうが、バンドメンバーの個々のプレイとアンサンブルも絶妙で、何度聴いても素晴らしい完成度の高い傑作曲だ。

残念ながら、この曲の作者の一人である Alan Pasqua は「Marathon」のみの参加だったのだが、そのせいか後にも先にも Aqua Marine 的な曲は出現していない(と思う)。

 
  1. 2006/08/09(水) 23:46:14|
  2. Marathon
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する