私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Everything's Coming Our Way

Everything's Coming Our WayCarlos 自身がリードボーカルを取った曲で、Carlos のボーカルも味はあるが、やはりサビ部分のファルセットはちょっと苦しい。とはいえ、爽やかなアコースティックギターとパーカッションを中心としたシンプルな演奏と軽快でポップな雰囲気がなかなかよい。曲調は割と最近のSANTANA的でもあり、自らリバイバル曲として取り上げても面白そうだな1曲だ。

スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/23(日) 21:42:45|
  2. SANTANAⅢ(Legacy Edition)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Adouma

「Shaman」の1曲目として印象深い Adouma は、最近のSANTANAとしては珍しくアフリカ味溢れるリズムとサウンドを聴かせる。と思ったら、それもそのはず、この曲の作者は西アフリカのベナン共和国出身の Angelique Kidjo で、彼女自身の歌うオリジナル(YouTubeで視聴しただけだが、これがまたいい)に割と忠実なアレンジとなっている。とはいえ、ここに Carlos のギターが入ると完全にSANTANA化してしまうところが、やはり凄い。あと、この曲では Tony Lindsay の迫力のボーカルも聴きもので、Kidjo のボーカルと聴き比べてみるのもおもしろい。

ちなみに、Angelique Kidjo の最新アルバムには Carlos の参加曲もあるとのことで、是非聴いてみたいものだ。

  1. 2007/12/02(日) 12:19:02|
  2. Shaman
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する