私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

She's Not There

She's Not There は、いかにもシングルヒットを狙ったという感じのポップな曲だが、そこはSANTANAで、イントロのベースやピアノ、それにパーカッションの入りからしてぞくぞくさせられる。それにもまして凄いのが、終盤のハードなギターとパーカッションの掛け合いプレー。これこそSANTANA!というところだが、残念ながら早々にフェードアウトしてしまう。
ちなみに、ボーカルの Greg Walker はそれなりにうまいし、SANTANAファンの人気も高いが、個人的にはいまひとつ物足りなさを感じる。「Viva Santana!」収録のライブ盤では、Alex LigertwoodGreg Walker のデュオで歌っており、ボーカルに関してはこちらの方がお奨めでもある。



P.S.
こちらのボーカル&ギロもなかなか、、、(お奨め)

スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/20(土) 13:54:31|
  2. Moonflower
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する