私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Life Is For Living

軽快なパーカッションに導かれて始まる Life Is For Living は、Chester Thompson のかわいい音色のキーボードが印象的なポップな曲だが、Tony Lindsay の迫力あるボーカルと妙にマッチして独特の魅力的なサウンドに仕上がっている。歌詞は、この頃のアルバムでたびたび取り上げている南アフリカの反アパルトヘイトを訴えたもののようで、後半は“Mandela” という単語を含むコーラスが繰り返されるが、このコーラスと Carlos のギターやパーカッションの絡みがまた最高にいい。


スポンサーサイト
  1. 2009/09/20(日) 12:39:06|
  2. Milagro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する