私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Song Of The Wind

Song Of The Wing は、タイトル通り爽やかな風にのったかのような透明感あふれるギターソロが、軽やかなリズムとともに展開されている。Neal Schon のインタビュー記事によると、このギターソロは CarlosNeal Schon が別々に何度も演奏したソロをあたかも一人のソロのようにミックスダウンしたものということで、自分にはどのパートが二人のどちらのものか全く分からないが、とにかく魅力たっぷりのギターフレーズが次から次へと繰り広げられていく。
残念ながら、音楽の方向性の違いなどもあり、このアルバムを最後に Neal Schon は SANTANA から離れてしまうのだが、この時代の SANTANA ならではのクールな?ギターバトルを堪能できる1曲といえるのではないだろうか。

※Neal Schon のインタビュー記事は1979年来日時のもので YOUNG GUITAR誌に掲載


スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/09(土) 21:36:35|
  2. Caravanserai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する