私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[予告] SANTANA Festival 2012

「サンタナ フェスティバル 2012」 2012年7月1日(日) 12時~ 原宿クロコダイルにて

santanafestival.jpg

SANTANA & Festival というと、35年前のアルバムを思い出してしまうのだが、このフェスティバルは和製サンタナ(コピー)バンドの激突という、SANTANAファンにとっては嬉しすぎるライブイベントだ。
このライブに登場するのは、このブログでたびたび紹介している YONTANABeyond The Sun で、両バンドとも SANTANA への情熱は並々ならないものがあり、ただでさえ暑い夏の日曜日に熱い SANTANA バトルが繰り広げられることだろう。

さらに、このライブのプロデュース&特別出演が、これまた SANTANA といえば黙っていられない?大物パーカッショニストの ウィリー・ナガサキ 氏 ということで、まさに怒涛の SANTANA Festival となることまちがいない。

ちなみに、ウィリー・ナガサキ氏は先日久々のソロアルバムをリリースしたが、これが実にバラエティたっぷりで面白い。その中でもやはり Jose Chepito Areas を彷彿させるナガサキ氏のティンバレスは圧巻!ということで、SANTANAファン・チェピートファン・ラテンファンのみならず多くの人に是非聴いていただきたいアルバムだ。(ちなみに、Gypsy Queen のカバーも収録されている)



スポンサーサイト

テーマ:ライブ シーン - ジャンル:音楽

  1. 2012/06/17(日) 21:37:55|
  2. 番外編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Canela

CanelaCarlos と 彼の息子の Salvador Santana の作品で、Europa を思わせるしっとりとしたバラード曲。いわば毎度おなじみ哀愁のSANTANA節といった、どこかで聴いたようなフレーズではあるが、でもやはりこれがなかなかいいのである。メロディーといい、ギターの音色といい、Salvador (多分)のピアノを交えた静から動への展開といい、、、やっぱり (Carlos) SANTANA は最高!と唸らせられる1曲だ。

ちなみに、canela とはスペイン語でシナモンのことだが、SANTANAの過去のアルバムには、Flor de Canela(シナモンの花)という短いながら実に魅力的な曲もあったのはご存じだろうか?





テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2012/06/03(日) 22:33:15|
  2. Shape Shifter
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する