私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

La Fuente del Ritmo

La Fuente del Ritmo(リズムの泉)というスペイン語のタイトル通り、アコースティックピアノとパーカッション群の強烈なラテンリズムに圧倒される曲だ。作者でもある James Mingo Lewis のピアノとコンガに、Armand Peraza のボンゴや Michael Shrieve のドラムが絡み、まさに泉のように滾々(こんこん)とリズムとビートが湧き出してくる。さらに、この「Caravanserai」から参加した Tom Coster のエレクトリックピアノのソロがまた素晴しい。


スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2009/01/18(日) 18:39:28|
  2. Caravanserai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Spirits Dancing in the Flesh | ホーム | Come to My World>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gitano2.blog45.fc2.com/tb.php/101-af3bffb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する