私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Europa

いわずと知れた「哀愁のヨーロッパ」だが、SANTANA を知らないという人でもこの曲だけは知っている人は多いだろう。なにしろ当時は街中のあちらこちらでこのメロディーがかかっていたものだ。あまりにもポピュラーなメロディー故か、SANTANAファンの中には必ずしもこの曲を評価しない人もいるようだが、私にとっては昔から大好きな曲のひとつだ。

Carlos 自身も気に入っているのか聴衆の受けが良いからか、結構いろいろなライブでこの曲は聴くことができる。で、一番のお勧めは、「Viva Santana !」収録のライブで、なんとこれは1979年の大阪でのライブだそうだ。全体的には「Amigos」のスタジオ版とほぼ同じアレンジで、しっとりとしたギタープレイを堪能できるが、後半はオリジナルと異なり、激しいサンバのリズムに乗って Carlos が弾きまくっている。ちなみに、「Viva Santana !」のブックレットによると、このライブのメンバーは「Marathon」時のものということなので、ベースは David Margen、ドラムは Graham Lear 、パーカッションは Armand Peraza & Raul Rekow ということになるが、このリズム隊の作り出すサンバビートがまた強烈だ。

なお、「Sacred Fire」のライブでも、若干雰囲気は異なるが、やはり素晴らしいプレイを聴くことができる。

 
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽

  1. 2006/03/26(日) 22:12:00|
  2. Viva Santana !
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Soul Sacrifice | ホーム | Toussaint L'Overture(祭典)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gitano2.blog45.fc2.com/tb.php/12-a588ae61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する