私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Milagro & A Dios

1992年リリースのアルバム「Milagro」は、初期SANTANAの名盤「SANTANA3」と肩を並べる、中期以降の最高傑作アルバムだと思う。「Milagro」は、アルバムの最初から最後までジャンルを越えたSANTANAミュージックの魅力が凝縮されており、また各曲ともそれぞれ素晴らしいクオリティの仕上がりとなっている。実は、私もこのアルバムを入手したのは半年程前なのだが、こんな凄いアルバムに10年以上も気づかなかったとは残念な限りだ。はっきり言って、SANTANAファンであれば今すぐにでも入手して聴いてほしい必聴アルバムだと思う。

アルバムタイトル曲の MilagroA Dios は、それぞれ「Milagro」のプロローグとエピローグともいえる象徴的な曲。
Bill Graham
の司会に導かれる Milagro では、イントロを聴いただけでもこのアルバムの凄さを感じさせる、研ぎ澄まされた演奏を聴くことができる。Milagro(奇跡)というタイトルや、我々は音楽で人々を自由にできる、、といったやや仰々しい歌詞も、なんとなく納得できてしまいそうな曲でもある。
A Dios は、スペイン語でさよならの意味の「Adios」をかけたタイトルだと思うが、このアルバムリリース前に亡くなった、Bill Graham と Miles Davis に対する惜別の曲のようだ。短い時間の中に 別れのコーラスと  Carlos のギターや あの John Coltrane の凄まじいソロが凝縮され、最後は Miles 自身の辞世の一吹きのような寂しいフレーズで終わる、なんとも印象的で心に残る1曲。

 
スポンサーサイト
  1. 2006/04/16(日) 10:18:48|
  2. Milagro
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Watch Your Step | ホーム | Soul Sacrifice>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gitano2.blog45.fc2.com/tb.php/14-c1ae89b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する