私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Stone Flower

Stone Flower は、初めて「Caravanserai」を聴いた時(といっても実はわりと最近)に、そのなんともレトロで不思議なサウンドがとても気になった曲だ。最初こそ特別いい曲とは思わなかったが、何度か聴いていくうちに、その独特の雰囲気と心地よさにだんだんとはまってしまった。このアルバムで数曲参加している Tom Rutley のベースが、アコースティックならではのいい味を出しているのがまたいい。

ところで、 この曲の作者 Antonio Carlos Jobin  はどうも名前を聞いたことがあると思ったら、「イパネマの娘」「ウエイブ」等の曲で有名なボサノバの大家だそうだで、Stone Flower というタイトルのアルバムもあるらしい。

 
スポンサーサイト
  1. 2006/07/09(日) 20:26:49|
  2. Caravanserai
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Para Los Rumberos | ホーム | Life Is Just A Passing Parade>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gitano2.blog45.fc2.com/tb.php/40-ca32634c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する