私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Se A Cabo

結構SANTANAファンに人気があり、Carlos 自身の評価も高いらしい「Lotus」だが、どうも自分としてはこのアルバムに限っては Carlos のギターの音が耳障りで今ひとつ好きになれない。かわりにというか、最高に素晴らしいのが初期SANTANAでおなじみの Jose Chepito Areas のティンバレスを中心としたパーカッションプレイ。
とりわけお勧めは、スタジオ盤としては「Abraxas」に収録されていた Se A Cabo で、やはり Chepito のプレイは何度聴いても物凄すぎる。その上、エンディング部分の変則的なリズムがまた極め付け中の極め付けで、カッコよくキマっている。

ちなみに、自分の持っているのは輸入版CDで、最近話題の紙ジャケ版は聴いたことがない。ひょっとしたら紙ジャケ版のギターの音はもう少し違うのかもしれないが、、、

 
スポンサーサイト
  1. 2006/09/18(月) 22:58:37|
  2. Lotus
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Brightest Star | ホーム | Samba Pa Ti (& medley)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gitano2.blog45.fc2.com/tb.php/47-5af521c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する