私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Evil Ways

軽快なリズムギターとラテンパーカッション、そして Gregg Rolie の熱っぽいオルガンと頼りなさが魅力?のコーラス、、、と Evil Ways はいかにも初期SANTANAらしいシンプルな構成ながらとてもキャッチーなナンバー。シンプルゆえか、Black Magic Woman などと同様何度聴いても飽きがこないSANTANAスタンダードともいえる名曲である。
それにしても、この曲の中できらりと光るのが、Jose Chepito Areas のティンバレス。かなり控えめな演奏ではあるが、最初から最後まで全ての音がとにかく素晴らしく、初期SANTANAにおける存在の大きさをあらためて感じさせられる。
 
スポンサーサイト
  1. 2006/10/14(土) 19:35:01|
  2. SANTANA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Let Me Inside | ホーム | Light Of Life>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gitano2.blog45.fc2.com/tb.php/50-4c4102f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する