私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Waiting

Waiting は、SANTANA としての最初のアルバムのトップの曲で、さすがにドラムやギターの音は1969年(38年前)という時代を感じさせるものだが、全体的にシンプルで押さえ気味のフレーズの中にマグマのように燃えたぎる凄みを感じさせる曲だ。スタジオ盤ということで、全体的に檻に閉じ込められた野獣的なやや物足りなさ感のあるファーストアルバムだが、この曲にはウッドストックの Soul Sacrifice を彷彿させる理屈では説明できない「何か」がある。

 
スポンサーサイト
  1. 2007/06/09(土) 23:48:25|
  2. SANTANA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Treat | ホーム | Nothing At All>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gitano2.blog45.fc2.com/tb.php/73-b90d50a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する