私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Give and Take

Give and Take は、この頃のSANTANAとしては珍しく、パーカッション群が活躍するラテン風味溢れる曲。特に、Jose "Chepito" Areas の初期アルバムを思い出させるワイルドかつ躍動感に満ちたティンバレスプレーは、Chepitoファンとしては嬉しいかぎりで、Michael Shrieve のドラムや Armando Peraza のコンガとも絡み、これぞSANTANA!のリズムを作り出している。さらに、アルバム「Borboretta」の魅力の一つである Leon Patillo のボーカルも素晴しく、Tom Coster のシンセやピアノも含め文句なし!と言いたいところだが、唯一物足りないのが Carlos のソロがないところ。たまにはこういう曲もありかとは思うが、、、、ちょっと残念でもある。


スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/27(日) 17:14:02|
  2. Borboletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Goodness and Mercy | ホーム | Samba De Sausalito>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gitano2.blog45.fc2.com/tb.php/93-c740680e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する