私的SANTANA日記2

SantanaバンドとCarlos Santanaに関する徒然日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Goodness and Mercy

Goodness and Mercy は、「Spirits Dancing In The Flesh」のラストに収録されている唯一のライブ曲だが、わざわざライブパフォーマンスを持ってきただけあって、実に素晴しくまた感動的な演奏を味わうことができる。この曲では、Carlos の柔らかく情緒溢れるギターフレーズと Chester Thompson のキラキラとしたキーボードの絡みをじっくり堪能でき、二人の息の合ったプレーに心を温められる。さらに、後半にドラマチックに登場するドラムとベースがまたいい。

スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽

  1. 2008/08/22(金) 09:44:17|
  2. Spirits Dancing in the Flesh
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<She's Not There | ホーム | Give and Take>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gitano2.blog45.fc2.com/tb.php/94-7f4e1995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GITANO

Author:GITANO
SANTANAサウンドを聴き始めたのは40年以上前だが、あらためてはまりまくっている。SANTANAは永遠に不滅か、、、

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する